女の人

不動産資産の相続問題は税理士に相談できる|債務の問題は司法書士へ

債務整理による負担軽減

木槌と法律書

埼玉の司法書士事務所に相談することで、債務整理により借金の負担を減らすことができます。債権者との話し合いによって利息額を減らす任意整理や、負債額を五分の一にまで減らす個人再生による方法で、つらい借金を抱えた生活を改善させてくれるのです。

詳しくはこちら

軽減特例で家を手放さない

説明

不動産資産の相続を受ける場合、相続税をどのように支払うべきか、多くの人が悩むことでしょう。口座に残された預金や換金がしやすい資産であれば、お金に変えて遺産分配と税の支払いを行なうことができます。しかし、土地や家屋を受け継いだ場合、簡単にお金に変えて分配することはできないのです。土地と合わせて3000万以上の価値がある不動産資産を相続した場合、相続税を支払う義務が発生します。しかし、お葬式などで金銭的な負担が掛けられた状況で、この相続税を支払うことは難しく、家を手放さなければならないという事態に陥る人も多いのです。こういった状況で頼れるのが、相続問題に詳しい税理士です。相続税の軽減特例によって税負担を軽減できる場合もあるので、家を売らずに済ませられるのです。

相続税申告を行なった場合、税務署から税の支払いによる督促状が届けられます。多くの場合高額な金額を提示されますが、専門の税理士に相談することで減額ができることもあります。税理士は、土地の相続に関する問題への対処として、軽減特例を調べてくれます。土地家屋の権利者であった配偶者が亡くなった場合、亡くなった後の生活を考慮し、課税価格が1億6000万までの額であれば課税対象とはならないのです。また、相続した不動産の土地が330平方メートルまでであれば、80パーセントの評価額を減額させることもできます。税務署は相続された資産を厳密に調査しているわけではないので、過剰な額を請求することが多くあります。督促状が届けられた場合、まずは税の問題に詳しい税理士へと相談しましょう。

賠償金による問題

事故

交通事故に遭った場合、保険会社との交渉は大阪の弁護士に頼むとよいでしょう。保険会社は不当に安い金額の賠償金を提示するため、事故に遭った人の代行で正当な金額を請求してくれます。障害が残った場合の賠償金請求も行なってくれます。

詳しくはこちら

還付金が得られる

夫妻とスーツの女性

相続税申告を行なう場合、税のプロである税理士に相談しておくとよいでしょう。十ヶ月以内に相続税申告に関する手続きのアドバイスを行なうほか、還付に関する手続きも代行してくれます。依頼することで、支払い過ぎた相続税を取り戻すことができるでしょう。

詳しくはこちら